母 MRI
母 目の下切って縫う
最高の猫砂
父 目を焼く
父 骨折
歯医者さん 完治しました
カリシウイルス禍~猫風邪禍の2か月その3~
カリシウイルス禍~猫風邪禍の2か月その2~
カリシウイルス禍~猫風邪禍の2か月その1~
歯医者さん つづき

携帯なくしの続き


レッカー車に最寄りの駅で降ろして貰い、連れていかれる我らが愛車を後ろから写真撮ろうと思って携帯を探したら

なかったのです。

iPhoneちゃん。

高速で煙が出て停車してすぐに、この寒さと故障のショックで『私という人間はただちに血圧が上がる!』とわかっていたので、

いざという時のためにいつも持ち歩いていた精神安定剤セルシンを飲みました。

携帯を紛失しても私は騒ぎもせず落ち着いたものでした。

どっしりとした心構えで、いつ落としたのか記憶をたどりはじめました。

夫に電話をかけて貰ったらかかっていました。

どこにあるのか。

1,高速で何度もお車から降りたので道路

2,貸してもらった安全ベストのポケット

3,レッカー車が来た時、高速のガードレールの中に入ってくださいといわれて入った斜めになった雑木林っぽい所

4,レッカー車の中

5,愛車の中

翌日、各所に連絡をいれました。

・・・いい迷惑ですよね。

ハイウェイパトロールの方は、高速の煙を出した場所周囲1キロも探してくれました。安全ベストにもなし。

レッカー車の中にもないとのこと。

翌々日、修理をしてもらったディーラーにて車の中をくまなく探したけれどありませんでした。

もうその時には電話は繋がらなくなっていた。。。警察に行って遺失届出書の手続きをし

家に帰ってPCでtwitterとインスタをチェックしていたら

インスタに大阪からアクセスが!!!

おおさかぁ?

大阪に行く可能性のあるレッカー車の会社にもう一度電話して確認したら、大阪に行った車はないとのことでした。

インスタの会社かなぁ?

電話は停波しました。

その後1週間位あとにまたその高速に乗ったので

30秒ぐらい、落としたと思われる雑木林を探したら(やっちゃだめなやつ許して)・・・ありませんでした。

家に帰ってグーグルマップを見てみたら、さっき探した所ではなく、すごく似た場所がそこから100メートル位離れた所にあり、間違って探したということが判明。

いつか通る時があったら、また軽く探したい。

もちろん車が走っていない時間帯に。

雑木林と言ってもガードレールから2メートル四方くらいですので一瞬でわかりますのでね、、、落ち葉も落ち切った後で、雪も積もってない頃に探します。 (やっちゃだめなやつ許して 二度め)

今は、とりあえず古い iPhone を使っています。

車の故障の件は、アメリカ本社でトラブルがわかっていたけど、リコールにせず、連絡もくれず、定期点検の際に無料修理していたとのことで、 ディーラー に平謝りされました。

信じられない。

怒りがふつふつとこみ上げてくる。

冷却水を供給する管のネジが規定締め付けになっていなかったとかなんとか。

煙に驚いて急ブレーキなどをして事故を起こす方もいるでしょうに。

この故障がなければ

携帯も無くさなかったのに~

ホントどこにいるのかしら。

ポケットが浅いダウンジャケット着てたし

いろいろと反省点もありました。。。以上です^^