父、高齢者ワクチン接種が一週間後で、副作用が怖いと言い出しました。

本当は打ちたくないけど、家族(姉一族)のために打つ、的なことを、声のトーン低めに妹に電話相談してきたらしい。

妹は反ワクチンなので、打ちたくないなら今は打たないで、2か月後くらいに打った人の状況をみてからにすれば?とアドバイスしたそうな、、、

姉はワクチン派で本人も打つし(塾やってるし)、父にも打ってほしい(父は高齢者だけどめっちゃ車で外出する)とのこと。

ワクチン接種会場では、転ぶ老人が多いということで、妹はせめて送迎してやってくれと懇願。

父は、かかりつけ医には接種許可をもらったそうだけど、お薬手帳と万が一のためにニトログリセリンを持っていくそうです。

テレビのニュースと、新聞の雑誌見出しで、日々ワクチンの期待と心配が交錯しているようです。

反ワクチン派の妹は、ワクチン派の大学院生息子と険悪状態だってw

息子も病気がちだったから心配なんだよね、、、

プチ狂騒曲状態ですな。

妹の娘が喘息なんだけど、お医者様が喘息のお薬を飲んでいる人はコロナに罹りにくいとおっしゃっていたそうですよ。