WITH疲労


コロナ影響の教師の負担についてテレビで特集していました。

親戚の塾はコロナで半減したそうで、閉塾も考えているとのこと。

原因は、お子様のコロナ感染のリスクを減らすため、親の収入減、コロナ禍で増えた学校生活での負担でお子様に余裕がなくなりやむを得ず、できるだけ出かけないような生活様式変化などなど。

・・・

高校教師の親戚が言うには、教師が定年の近づいた先生と、大学出たての先生がほとんどで、中間年齢層があまりいないんだって。

若い先生は、コロナ禍以前からモンスターペアレンツの対応に耐えられず、お給料も安いしで、すぐやめてしまうそうです。

加えてコロナ禍での学校生活変化や消毒で疲れるでしょうね。。。

先生になりたい人が少ないのがわかるわー。

親戚も、家には帰ってきて寝るだけみたいな生活だから

疲れ果てて車通勤で事故をおこさないといいな、と思っています。

・・・

ま、でも

意欲的に働く人は、いつでもどんな時でも 「WITH疲労」ですけどね。

私も、お盆休暇前の締め切りなどあり、ちょっと疲労!でも心は元気です。

・・・

高原にはバス日帰りの高地トレーニングランナーが見えていました。

めっちゃ走ってた。

東京が自粛しているせいか、おしゃれホテルは宿泊客が少ないと聞きました。

県内で人気のあるホテルはMAXという感じです。

山道の途中で、ロードバイクの人が道路わきに倒れていて

手当てを受けていました。

高原も日差しが強いです。

皆様も熱中症やハンガーノックには充分お気を付けくださいませ!!!