高原暮らし 気圧・化粧品・スプレー漏れ
高速PAのトイレにて
親戚にとうとう薬害が・・・
標高1500メートル 高原暮らし
低音の耳鳴り「ボー・ブーン」の原因と治し方
母 MRI
母 目の下切って縫う
最高の猫砂
父 目を焼く
父 骨折

高原暮らし ペットボトル


スキーに行ったり高原や山に行くと

飲みかけのペットボトルがパンパンに膨らみます。

ポテトチップスなどのお菓子類の袋も。

逆に標高が高い所から低い所へ行くと

飲みかけのペットボトルは、くしゃくしゃにへこみます。

高原に住んでいると

キッチンに置いた飲みかけのペットボトルが、軽くへこんでいる時があります。

これは日々の気圧に変化があるからで

とんでもなく快晴の日は、ヒュッとへこんでいます。

低気圧の日の人間の体の不調は有名ですが、

気圧病が酷い人は

標高が高い高原暮らしは、体がきつい時が(頭痛とか)あるかもしれません。

それでも気圧で命が危険なわけでもないですし

私は、普通の爽やかな日を思えば我慢できてしまう程度です。

ただし、スーパー低気圧は結構くる。