高原暮らし 気圧・化粧品・スプレー漏れ
高速PAのトイレにて
親戚にとうとう薬害が・・・
標高1500メートル 高原暮らし
低音の耳鳴り「ボー・ブーン」の原因と治し方
母 MRI
母 目の下切って縫う
最高の猫砂
父 目を焼く
父 骨折

高原暮らし 耳に関すること その2


引っ越してきて初めての冬、こちらでは夜も暖房をつけ続けるそうなんですが

寒い地方に住んだことがなく、引っ越したばかりで知り合いもいなかったので、知識がありませんでした。

下手すると命の危険さえある暮らし方になっていたのかもしれませんが、なんと耳たぶにしもやけができてしまったんです。

薬屋さんに行って「しもやけの薬はどこにありますか?」と聞いたら

すごく驚かれました。

しもやけなんて今時いないそうです。

薬はありました。

寒い地方に住む人は普通暖かく暮らしていますからね。

そのころは一晩中暖房をつけていると万が一の時酸欠でアウト!になると思っていたのです。

FF式なのに。

無知って怖い。

その後お友達ができて、夜の暖房は湯たんぽだけという方もいらっしゃったので

家の作りや安全に対する考え方で住み方はいろいろなんですね。