高原暮らし 暖房


暖炉 薪ストーブ 

憧れるけど、性格のこともあり、火事が怖いです。

エアコン 

寒冷地仕様のエアコン暖房 が発売されているけれど、大雪が降るので室外機のトラブルもあるかもしれないのでやめたほうがいいと言われました

ガス暖房

標高が高いので酸素が薄くいため 標高1000m以上高いところでは点火や燃焼不良の原因になる。
ガス給湯器も同様で補償できないとのこと。

灯油ストーブ

標高1500、それ以上でお店に入ると調整をして使用しているお店があります。不完全燃焼に注意。
コロナ  1500m 標高調整ボタンあり
トヨトミ 1300m  標高調整ボタンあり
ダイニチ 1000m

我が家はコロナFF式輻射ストーブを主要な部屋に設置しました。温風がでないタイプです。

以前は温風がでるタイプだったのですが、乾燥のせいか瞼がぴくぴくなるようになってしまい、がんばって購入しました。

大雪や地震で冬季に停電の災害が発生すると

低体温症など命の危険があるので、電気不要の暖房を備えておいたほうが良いと思います。

長期的な停電になりそうだったら

ペットを車に乗せて下へ下へ逃げようと思っています。




タグ: