高原暮らし 耳に関すること その1


食品や日用品を買い物に行くのは

標高1500メートルの所から 標高約600メートルに下がるんだけど

この間、最低でも2回耳抜きが必要になります。

飲み物を飲んでいる時やガムを噛んでいる時は大丈夫。

たまーに上手く耳抜きできずに膜がかかったような聴こえ方になる時もあります。

その時は、意図的に大きく口を開けてあくびを角度を変えて何回かすると治ります。

そして買い物に疲れて、あるいは外食でお腹がいっぱいになった帰り道(登る時です)

助手席で寝てしまうことがあり

寝ている間に自然に耳の圧が変わり「プスッ」と内側から穴が開くような症状で驚いて目を覚ます時があります。

その音が鳴る瞬間というかちょっと前に眠りながらも脳圧がきゅーっとなる感じがあります。

恐怖と快感の間くらいで 「プスッ」 っと起きる。

耳にはあんまりよくないでしょうね。